2015年12月28日にアールビバン株式会社 e・ジュネックス事業部内出版グループ メディエイション が発行する「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10」を簡単なものではございますが、本誌掲載内容をご紹介をさせて頂きます。本誌ご購入を検討されていた方で、ある程度事前に収録内容を確認されたいという方のお役に立てば幸いです。

 

「E☆2(えつ)ぷらす」本誌概要

まず初めに、「E☆2(えつ)ぷらす」という雑誌自体をご存じ無いという方もいらっしゃるかと思いますので簡単に概要を記載いたします。
本誌は、アールビバン株式会社のe・ジュネックス事業部内にある出版事業部メディエイションが発行し、株式会社ビオ・マガジンが発売する、人気イラストレーター等の書き下ろし漫画や美少女イラストを掲載する雑誌「E☆2(えつ)」が出版されていますが、語弊を招く事を承知で乱暴に言えば、「E☆2(えつ)ぷらす」は「E☆2(えつ)」のような漫画作品を掲載せず、メインコンテンツを極端に絞り、特定の人気イラストレーターの作品画像やインタビュー等のみを載せている特別号のようなもので、出版サイドの本来の趣旨は存じ上げませんが、「E☆2(えつ)」のお試し版的な性格の強い雑誌です。

人気絵師の美少女イラストを掲載した雑誌は基本的には価格が高めに設定されていますが、「E☆2(えつ)ぷらす」の今号の価格は500円です。ページ数が非常に少ない為、ペラいと言えばペラいものの、そもそも読み物が主目的では無く、美少女イラストがメインコンテンツの雑誌な上、「E☆2(えつ)」のお試し版的なものですから(勝手な解釈ですが)、美少女イラストに興味が無い方にとっては、500円の価格設定は高いと感じるはずです。「E☆2(えつ)ぷらす」は、各号毎に特定の人気絵師の特集号と言ってもよい内容で構成されており、価格設定の割には付録も付く(付録が付かない号もありましたが、大概何かしら付きます)という事で、お好きな絵師の巻頭特集号の場合にはむしろお得な雑誌と言えます。
発行部数が少ないせいかもしれませんが、書店によっては短期間で完売されるケースが多いので、安価な雑誌ですし、お好きな絵師の特集が組まれた号は、試しに一冊購入されてみて下さい。「E☆2(えつ)ぷらす」を購入してみて本誌が好みに合った場合、より充実した内容や複数の絵師のイラストを堪能されたいと思われましたら「E☆2(えつ)」をご購入されて下さい。
但し、「E☆2(えつ)ぷらす」はコンテンツが極端に絞られている為、美少女イラストに興味がある方であっても、お好きな絵師が巻頭特集では無く、付録にもお好きな絵師に絡んだものでは付かない場合には、その号は購入されないで下さい。

ちなみに「E☆2(えつ)」自体が株式会社ビオ・マガジンが発売するスピリチュアル&ヒーリング・マガジン「anemone」の増刊扱いですが、「E☆2(えつ)」と「anemone」は掲載内容が全く異なり相似性も一切ございません。実質関係無いと言ってもよいかと思います。

 

「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10」掲載内容

E☆2ぷらす(10) 2016年 02 月号 [雑誌]: anemone(アネモネ) 増刊
E☆2 (えつ) ぷらす vol.10
発売日:2015年12月28日
税込価格:¥500(税込)
発行所:メディエイション(アールビバン株式会社 e・ジュネックス事業部 出版グループ メディエイション)
発行人:岩本一也
編集人:水田大介
発売元:株式会社ビオ・マガジン
印刷:株式会社廣済堂
雑誌コード:11588-02
JAN:4910115880267
付録:描き下ろし大判ポスター6枚セット(380㎜×578㎜)
COVER ILLUSTRATION:和遥キナ
© mediation
 

今号の巻頭特集は、和遥キナさんの初画集「初恋」発売記念特別対談として、人気絵師「西又葵」さんと画集「初恋」の色校を挟んでの対談の模様が掲載されています。私自身(本ページ作成者。以下同様)は、和遥キナさんのイラストに特別な思い入れはありませんので、あまりご本人の経歴については詳しくございませんが、和遥キナさんは、フリーランスのイラストレーターで、私などは、どちらかと言えば同人活動でのイメージが強いのですが、最近の商業での仕事では、PCゲーム「祝姫」でのキャラクターデザイン・原画担当、PCゲーム「あやめの町とお姫様」での原画・グラフィック監修、株式会社一迅社から出版されているライトノベルで吉村りりかさん著「境界の皇女」のイラストや株式会社ホビージャパンから出版されている米倉あきらさん著「インテリぶる推理少女とハメたいせんせい」のイラスト等を手掛けられていらっしゃいます。また、2015年11月末には和遥キナさんの初画集となる「初恋」(ハードカバーBOX仕様+限定版同梱ラフ冊子集付きの【限定版】と、ソフトカバー仕様の【通常版】)が発売されています。

直接は初顔合わせとなる、和遥キナさんと西又葵さんの対談は、インタビュアーがお二人に質問を投げ掛けて進行する形式です。
雑談的な質問から解していき、お二方のファンの方にとっては興味深い質問も投げ掛けており、ペンネームの由来、お互いのイラストについて、お二人のイラストの原点、ストレス解消法、好きな女の子キャラの萌えポイント、自身のイラストの見所、新キャラを考えるときに誰かをモデルにしているのか、お互いに対する質問、他、ファンでは無い私も興味深く拝読させて頂きました。
誌面は、これが初出となる西又葵さんの描き下ろしイラストも掲載されております。

e2plus10-巻頭特集参考画像1 e2plus10-巻頭特集参考画像2 e2plus10-巻頭特集参考画像3 e2plus10-巻頭特集参考画像4 e2plus10-巻頭特集参考画像5 e2plus10-巻頭特集参考画像8

※上サンプル画像はサムネイルです。クリックすると拡大されます。(以下同様) 尚、私に撮影テクニックを求めないで下さい。

 

他のメインコンテンツは基本的におまけで広告的意味合いが強いのですが、コンテンツ2つ目は、テレビ東京他にて2016年1月11日から放送が開始されるTVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」が掲載されています。
作品概要とキャラ説明に1ページ使用し、見開きでイラストが掲載されているだけなのですが、
TVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」の原作は、ゲームブランド「sprite」より2014年11月に発売されたアダルトPCゲームソフトであり、同ブランドが2010年10月に発売した第1作「恋と選挙とチョコレート」以来、実に4年の期間を空けてリリースされた第2作目の美少女ゲームです。二作連続テレビアニメ化された程、原作ゲームはファンの方に支持されているとも言えますが、ゲーム発売前には既にテレビアニメ化が告知されていました。2016年2月25日には、CERO C 15才以上対象として、PlayStation®Vita 版も発売されます。

コンテンツ3つ目は看板娘交換企画第2弾、珈琲貴族さん×三嶋くろねさんとなります。この企画は、人気絵師のお互いの看板娘を交換してイラストを描き下ろすというもので、本誌ならではの貴重なイラストとなります。ファンの方ならばぜひ入手されたい事でしょう。敢えて参考画像は載せませんので、これは実際に本誌を入手した際のお楽しみとされて下さい。

コンテンツ4つ目は、恒例のコピック講座です。ご自身でイラストを描かれる方にとっては色々と参考になる事でしょう。今回は、私も個人的にファンですが、美樹本晴彦さんです。このコンテンツが面白いのは、見本の線画をコピーして自分もチャレンジ(練習)してみてという点ですね。

e2plus10-蒼の彼方のフォーリズム参考画像1 e2plus10-蒼の彼方のフォーリズム参考画像2 e2plus10-コピック講座参考画像1 e2plus10-コピック講座参考画像2 e2plus10-コピック講座参考画像3 e2plus10-コピック講座参考画像4

 

「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10」付録

今号の付録は「描き下ろし大判ポスター6枚セット」(380㎜×578㎜)となります。
繰り返しになりますが、「E☆2(えつ)ぷらす」は「E☆2(えつ)」のお試し版的な位置付けと私は考えており、巻頭特集+付録がほぼ全てであり、その他のコンテンツは量的には極端に少ない構成となっています。その為、付録にご自身がお好きな絵師のイラストが描かれているのかどうかも当該号を購入するか否かの判断の分かれ目となります。今回の付録ポスターは、和遥キナさん、珈琲貴族さん、三嶋くろねさん、山本和枝さん、宮坂みゆさん、のんさんの6人が描かれた人気絵師のイラストであり、とても500円の雑誌の付録とは思えない 380㎜×578㎜ サイズの6枚セットです。相当にお得感がありますよね。
さすがにお楽しみである付録を掲載するのはどうかとも思いますので、付録の収められた状態のみ参考画像として掲載しておきます。これでも図柄は白黒ながらわかるので、後は実際に買った時のお楽しみとされて下さい。

e2plus10付録封入状態参考画像1 e2plus10付録封入状態参考画像2

 

以上、本当に簡単なものでしたが、「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10」のご紹介でした。
本誌ご購入検討者のご参考になれば幸いです。

 

 

□E☆2(えつ) http://www.etsu.jp/
□TVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」 http://aokana-anime.com/

© mediation © sprite / 久奈浜学園FC部

 

※本ページ掲載内容の概要並びに画像は、2015年12月28日発売、アールビバン株式会社のe・ジュネックス事業部 出版グループ メディエイション発行・株式会社ビオ・マガジン発売「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10」(雑誌コード:11588-02/JAN:4910115880267)より引用させて頂いております。