いつもの手抜き記事で恐縮ですが、本日2017年4月27日にアールビバン株式会社 e・ジュネックス事業部内出版グループ メディエイション から発行・発売された「E☆2(えつ)Vol.54」を簡単なものではございますが、本誌掲載内容をご紹介をさせて頂きます。レビューと言えるほどの質ではございませんが、本誌ご購入を検討されていた方で、ある程度事前に収録内容を確認されたいという方のお役に立てば幸いです。

尚、本誌がどのうよな雑誌なのかをご存じ無い方は、当サイト過去掲載記事等「E☆2(えつ)ぷらす Vol.10 は、こんな感じ」や「E☆2(えつ)Vol.52 は、こんな感じ」もご参照下さい。

※以下、イラストレーター・作家・会社等の敬称は全て省略させて頂きます。また、サンプル画像は、あくまでもイラストの構図を確認して頂く程度のものです。元々撮影テクニックもございませんが、かなり悪い意味でテキトウに撮影しています。

 

「E☆2(えつ)Vol.54」掲載内容

本号「E☆2(えつ)Vol.54」の掲載内容の概要としては、表紙を人気イラストレーターである「てぃんくる」が飾り、また、巻頭特集も同氏の大特集となります。その他の特集の一つでもある「タユタマ2-After Stories-」発売記念と題し、原画を描かれた 「萌木原ふみたけ」の本誌内掲載インタビューと併せ、付録にはここでしか見る事が出来ない「タユタマ2-After Stories-」の貴重なRough Art Book「ラフ☆タマ」が別添されます。

相変わらず、雑誌価格の割には紙質も厚めで印刷品質が非常に高い雑誌ですから、そのまま保存用に耐えうるクオリティーが保たれています。月末に発売される美少女イラストコンテンツを掲載した雑誌には、株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス が発行する「電撃萌王」がございますが、ページ数・掲載イラスト数・ちょっとHな構図や付録内容等は「電撃萌王」が勝る号が多いのですが、こと、紙質と印刷品質という点では本誌が遥に勝り、これぞ、というお好きな絵師のイラストが掲載されているのならば、本誌を購入する理由の一つになる事でしょう。

 
e2vol54
E☆2 vol.54
発売日:2017年4月27日
税込価格:¥1,080(税込)
発行所:メディエイション(アールビバン株式会社 e・ジュネックス事業部 出版グループ メディエイション)
発行人:野澤克巳
編集人:水田大介
発売元:株式会社ビオ・マガジン
印刷:株式会社廣済堂
雑誌コード:11588-06
付録:「タユタマ2-After Stories-」Rough Art Book「ラフ☆タマ」
COVER ILLUSTRATION:てぃんくる
© mediation 2017
 

本号でのメイン(売り)となる特集や記事は、新企画である ① 大人気絵師達のイラスト流儀に迫る「神絵師Style Vol.1「てぃんくる」」、② Pick Up Artist PartA「藤ちょこ」と PartB「さより」、③「タユタマ2-After Stories-」発売記念「萌木原ふみたけ」SPECIALインタビューと版画展デビュー記念インタビュー記念「ピロ水」SPECIALインタビュー、④ E☆2グラビア COLLECTION「癒しのサービスショット♪」、等となります。

 

まずは巻頭特集となる①の大人気絵師達のイラスト流儀に迫る「神絵師Style Vol.1「てぃんくる」」ですが、本号から掲載が開始された新企画「神絵師Style」というこのコーナーは、取り上げる絵師のイラストを挟みながら、主に創作流儀をテーマに人気イラストレーターに対するインタビュー記事にて構成されています。創作流儀というのも漠然としていますが、本号を読む限り、簡単な絵師の自己紹介から始まり、イラストレーターとしての心構えや自己研鑽、簡単な作品解説等、好きな絵師が特集に組まれた際は、一読してみたくなる内容です。

前記した通り、本号の巻頭特集であり、本企画第1弾である人気イラストレーターは「てぃんくる」を取り上げています。ちなみに明日2017年4月28日に発売される、別出版社である株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス が発行する「電撃萌王 2017年6月号」でも表紙を「てぃんくる」が飾りますが、これは2017年7月から放送が開始されるTVアニメ「天使の3P!」原作イラストを描かれている事の兼ね合いや、現在 アールビバン株式会社 e・ジュネックス事業部 が主催している版画・グッズ展示即売会「てぃんくる 新作版画展」が催されている事もあるのかもしれませんね。本誌表紙を開いた裏面(ページで言えばP2)にも告知されておりますが、「てぃんくる 新作版画展」は入場無料の上に来場者クリアファイルプレゼント(先着)もありますが、「てぃんくる」(=はるかぜせつな)も来場する日もあり(これからの日程では、5月4日に軸中心派日本橋店・5月5日に軸中心派名古屋店・5月6日に軸中心派秋葉原本店)当日はグッズサイン抽選会も催されますので、ゴールデンウイーク中に暇なファンの方は、ぜひとも足を運ばれて下さいね。

「てぃんくる」のファンならば当然ご存じの方も多かろうとは思いますが、冒頭の自己紹介でのペンネームの由来やイラストレーターを目指した切っ掛け、影響を受けた作家や作品などのインタビューは、あまり「てぃんくる」に詳しくは無い方にとっては興味深い内容でしょう。また、次ページからの心構えや自己研鑽、作品解説等は、イラストレーターを目指している方にとっても参考になるものでしょう。
「てぃんくる」ファンならば、一読すべし、という内容が掲載されておりました。

e2vol54 (1) e2vol54 (2) e2vol54 (3) e2vol54 (4)

※上サンプル画像はサムネイルです。クリックすると拡大されます。(以下同様) 尚、私に撮影テクニックを求めないで下さい。

 

②の Pick Up Artist PartA「藤ちょこ」と PartB「さより」は、掲載ページ自体かなり離れていますが(「藤ちょこ」はP36~P47、「さより」はP88~P95)、割いているページ数も多いのですが、「藤ちょこ」の方が掲載内容的には興味深いものでした。「藤ちょこ」のイラストは、美少女の絵の良さはもちろんですが、割と背景画の細部も描かれるところも特徴かと思いますし、色使いの端々に女性イラストレーターらしさも感じられますよね。美麗なイラストともにインタビュー記事が大半ですが、一つの作品を仕上げるまでのメイキング画像記事が何よりも興味深かったですね。イラストレーターを目指されている方の参考にもなりそうです。

e2vol54 (11) e2vol54 (12) e2vol54 (13) e2vol54 (14) e2vol54 (15) e2vol54 (16)

 

雑な記事で申し訳ありませんが、他の多くのコーナーや特集は、サンプル画像だけで軽く流させて頂きます。
とは言え、特に「E☆2グラビア COLLECTION「~癒しのサービスショット~」」は、参加された絵師の中に好みの方がおらずとも、見る価値はあるものでしたよ。ましてお好きな絵師がいるのならば、ぜひご覧ください。(参加絵師…ファルまろ、源まめちち、へるるん、40原、希望つばめ、雨神、ひさまくまこ、あきのしん、ぴこぴこぐらむ、小日向ほしみ、鈴音れな、029)
当ページに掲載したサンプル画像は、元々撮影テクニックもございませんが、かなり悪い意味でテキトウに撮影しており、あくまでもイラストの構図を確認して頂く程度のものです。綺麗なイラストは、ぜひ本誌をお求めの上、直接ご確認下さいね。

e2vol54 (5) e2vol54 (7) e2vol54 (9) e2vol54 (10) e2vol54 (17) e2vol54 (18) e2vol54 (19) e2vol54 (20) e2vol54 (21) e2vol54 (22)tayutama e2vol54 (23)tayutama e2vol54 (24)tayutama e2vol54 (25)tayutama e2vol54 (26)tayutama e2vol54 (28)癒しのサービスショット e2vol54 (29)癒しのサービスショット e2vol54 (30)癒しのサービスショット e2vol54 (31)癒しのサービスショット e2vol54 (32)癒しのサービスショット e2vol54 (33)癒しのサービスショット e2vol54 (34)癒しのサービスショット e2vol54 (35) e2vol54 (36) e2vol54 (37) e2vol54 (38) e2vol54 (39) e2vol54 (40) e2vol54 (41) e2vol54 (42) e2vol54 (43)

 

付録「「タユタマ2-After Stories-」Rough Art Book「ラフ☆タマ」」

今号の付録は、「タユタマ2-After Stories-」Rough Art Book「ラフ☆タマ」となります。「タユタマ2-After Stories-」発売記念として、本誌には原画を描かれた「萌木原ふみたけ」のインタビュー記事もファンの方は一読される事と思いますが、こちらの付録は秘蔵ラフ画を2色印刷で収録した特別小冊子となります。まぁ、ファンの方以外は、興味が無いかもしれませんが。

e2vol54 (44) e2vol54 (45) e2vol54 (46) e2vol54 (47) e2vol54 (48)

 

以上「E☆2(えつ)Vol.54」のご紹介でした。
相変わらずのかなり雑なご紹介でしたが、本誌ご購入検討者のご参考になれば幸いです。

 

pure カントク ART WORKS

本誌裏表紙、およびP24とP25の見開きでも大きく告知されておりますが、大人気イラストレーターである「カントク」の画集第3弾「pure カントク ART WORKS」が2017年7月15日に発売される予定です。
通常版の他に初回限定版も同日発売とはなりますが、過去に発売された、画集第1弾「あしあと」も第2弾「STEP」も初回限定版は割と足が早く(完売)、今では新品を入手するのも困難ですので、ファンの方はお早目に初回限定版をご予約されて下さいね。初回限定版は通常版と異なり、ハードカバー仕様で小冊子が付属する予定です。また、販売店によっては、バンドル版が併売されますよ。ご都合の良い書店等にてお求め下さいね。

 
pure カントクアートワークス 初回限定版
pure カントク ART WORKS 初回限定版
発売日:2017年7月15日
税込価格:¥5,4000(税込)
発行:E☆2編集部
発売:株式会社廣済堂出版
ISBN-13:978-4-331-90175-5
付録:小冊子「助カントク」(予定)
装丁:画集AB版ハードカバー・ケース付き/ページ数144P予定

※ 上リンク先で直接製品が表示されない場合には、お手数をお掛けいたしますが、上リンク先サイト内にて改めて製品をご検索下さいますようお願い申し上げます。

 

 

□E☆2(えつ)
 http://www.etsu.jp/

 

© mediation 2017

 

※本ページ掲載内容の概要並びに画像は、2017年4月27日発売、アールビバン株式会社のe・ジュネックス事業部 出版グループ メディエイション発行・株式会社ビオ・マガジン発売「E☆2(えつ)Vol.57」(雑誌コード:11588-06)より引用させて頂いております。